AI editor

利用規約


2019年4月1日制定・施行

株式会社ミラセンシズ 代表取締役 石川信行

第1条(規約の適用)

  1. AI editor利用規約(以下「本利用規約」いいます)は、本利用者(次条で定義します)が本サービス(次条で定義します)を使用するにあたっての諸条件について規定します。本利用者は本サービスを使用する前に、必ず本利用規約をご確認・ご承諾のうえ、アカウント登録することが必要です。株式会社ミラセンシズ(以下「ミラセンシズ」とします)は、本利用者がアカウント登録を完了することをもって本利用規約に同意したものとみなします。なお、本利用規約をご承諾頂けない場合、本サービスを使用する権利は付与されませんので、ご注意下さい。
  2. ミラセンシズが本サイト(次条で定義します)上で提示または表示する「諸注意」等は、本利用規約の一部を構成するものとします。

第2条(定義)

  1. 「本サイト」とは、ミラセンシズが提供・運営する本サービス(次号で定義します)にかかる情報を提供または掲載するウェブサイトをいいます。
  2. 「本サービス」とは、ミラセンシズが提供する「AI editor」にかかる各種サービスをいい、ツール、アプリケーション等を含みますが、これらに限らないものとします。
  3. 「本サービス等」とは、本サイトおよび本サービスの総称をいいます。
  4. 「本契約」とは、本利用規約に基づく本利用者とミラセンシズとの間の本サービス等に関する契約をいいます。
  5. 「本利用者」とは、本サービスを使用する者をいいます。
  6. 「利用者アプリケーション」とは、本利用者が提供する、本サービスを組み込んだアプリケーションおよびこれを利用したサービスをいいます。
  7. 「アプリケーション利用者」とは、利用者アプリケーションを使用する者をいいます。
  8. 「アップロードデータ」とは、本利用者またはアプリケーション利用者が、本サービスにアップロード、送信または入力等した情報(利用者アプリケーションを介してアップロード等されたものを含みます)をいい、画像、映像、音声、文章等およびそれらに化体されたノウハウ、本利用者またはアプリケーション利用者からのフィードバック等を含みますが、これらに限らないものとします。
  9. 「派生データ等」とは、アップロードデータを、本サービスを通じて、加工、分析、編集、統合等することによって新たに生じたデータおよび当該データを用いて生成された新たな学習済みモデルその他の成果物をいいます。
  10. 「ミラセンシズ提供データ」とは、派生データ等のうち、本サービスを通じて、本利用者またはアプリケーション利用者がミラセンシズから提供を受けたデータをいいます。

第3条(提供目的)

本利用者は、本目的を理解した上で、本利用規約中の定めに従い、本目的に反しない範囲において、本サービスを使用することができます。

第4条(使用許諾)

  1. ミラセンシズは、本利用者に対し、本利用規約と必要に応じてミラセンシズが別途定める利用方法・利用条件のもとで、本サービス等を以下の範囲で使用することを非独占的に許諾します。本利用者自身が、本サービスの機能に従い、本サービスを使用すること。
  2. 前各号に必要な範囲内で本サイトを使用すること。
  3. 本利用者は、本サービス等を、本利用規約において明示的に許諾されている範囲を超えて使用してはなりません。
  4. 本利用者は、アプリケーション利用者に対して、ミラセンシズと本利用者との関係について、誇張した情報や誤った情報を伝えてはならず、アプリケーション利用者が、利用者アプリケーションと、本サービス等とを誤認混同するような態様で、本サービス等を使用してはなりません。
  5. 本利用者は、本利用規約において明示的に許諾された権利を除き、本サービス等に関するいかなる権利も取得するものではなく、全ての権利はミラセンシズに留保されるものとします。
  6. 本利用者は、本利用規約に別段の定めがある場合を除き、本サービス等の使用権の一部または全部を第三者にサブライセンス、貸与、譲渡その他の処分をすることはできません。

第5条(アカウント登録)

  1. 本利用者は、本サービスの使用に当たり、IDおよびパスワードを登録する方法により、アカウント登録を行うものとします。
  2. 本利用者は、アカウント登録に際しては、本人の情報を正確に入力し、登録するものとします。ミラセンシズは、本利用者の代理人による登録は一切認めません。
  3. 本利用者は、アカウント登録されているIDおよびパスワードを第三者に使用させる場合には、必ず事前に、当該IDおよびパスワードの登録を削除するものとします。本利用者が当該IDおよびパスワードの登録を削除せずに、当該IDおよびパスワードを第三者に使用させたことにより生じた損害については、ミラセンシズは一切責任を負いません。
  4. 本利用者が第三者の保有するIDおよびパスワードと同一のIDおよびパスワードを本利用者の情報としてアカウント登録したことにより生じた損害については、ミラセンシズは一切責任を負いません。
  5. 本利用者は、IDおよびパスワードの盗用、その他不正利用のおそれが発生した場合には、直ちにミラセンシズにその旨を連絡するものとし、ミラセンシズからの指示がある場合、これに従うものとします。
  6. 理由の如何に関わらず、第三者が本利用者のIDおよびパスワードを用いて本サービスを利用した場合には、当社は、これを本利用者本人の利用とみなし、これによって、本利用者が損害を被ったとしても、当社はその一切の賠償責任を負わないものとします。

第6条(更新の義務)

  1. 本サービスの情報はリアルタイムで更新されるため、本利用者は、24時間以内に更新し、再表示することにより、常に最新の本サービスの情報を利用者アプリケーションに適用するものとします。また、本利用者は、本サービスの使用に際し、利用者アプリケーション上または利用者アプリケーション内にキャッシュが残っている場合にも、24時間以内に本サービスの情報を更新し、またはキャッシュを削除するものとします。
  2. ミラセンシズは、本利用者が前項の規定に基づく本サービスの情報更新またはキャッシュの削除をしなかったことに基づき直接的または間接的に発生したあらゆる紛争、損害等について一切責任を負いません。

第7条(アップロードデータ)

  1. アップロードデータに関する知的財産権(著作権法第27条および第28条に定める権利を含みます)は、本利用者又は第三者(アプリケーション利用者を含むものとし、以下本条において同様とします)に帰属するものとします。
  2. 本利用者は、自らは又は第三者をして、ミラセンシズが、本目的のために、アップロードデータを機械学習に利用し、または統計、解析もしくは分析等するためにミラセンシズのサーバーに保存し、必要な処理、加工、分析、編集、統合その他の利用を行うことを、無償で非独占的に許諾するものとします。
  3. 本利用者は、ミラセンシズに対し、アップロードデータに関して以下の各事項を保証します。
    • ①ミラセンシズにアップロードデータを提供することに関して正当な権限があること。
    • ②ミラセンシズにアップロードデータを提供することが法令に違反しないこと。なお、提供するアップロードデータには個人情報が含まれず、個人情報の保護に関する法律に定められている手続を履践する必要がないこと。
    • ③アップロードデータおよびそれらのミラセンシズへの提供が第三者の知的財産権その他の権利を侵害しないこと。
    • ④アップロードデータがコンピュータウイルス等に感染しておらず、安全なものであること。
  4. 前項の保証に反して第三者との間で紛争、クレームまたは請求が生じた場合、本利用者の費用と責任でこれを解決するものとします。また、当該紛争等に起因または関連してミラセンシズが損害(合理的な弁護士費用を含みます)を被った場合、本利用者はこれを賠償するものとします。

第8条(派生データ等)

  1. 派生データ等および本サービスの使用過程において生じた知的財産権(著作権法第27条および第28条に定める権利を含みます)その他一切の権利は、ミラセンシズに帰属するものとします。
  2. 前項の規定にかかわらず、ミラセンシズは、本利用者およびアプリケーション利用者に対し、ミラセンシズ提供データに限り、複製、改変、翻案、譲渡その他の使用をすることを無償で非独占的に許諾します。
  3. ミラセンシズは、本利用者およびアプリケーション利用者に対し、ミラセンシズ提供データの利用が第三者の知的財産権その他の権利を侵害しないことについて一切の保証をしません。
  4. ミラセンシズは、本利用者およびアプリケーション利用者に対し、ミラセンシズ提供データについて、誤り、エラー、バグがないこと、ならびに、信頼性、正確性、安全性、有用性および完全性について一切の保証をしません。
  5. 本利用者その他第三者(アプリケーション利用者を含みます、以下本項において同じ)による第2項のミラセンシズ提供データの使用は、本利用者その他第三者の負担と責任において行われるものとし、ミラセンシズは、これにより本利用者その他第三者に生じた損害を賠償する責任を負わないものとします。また、第三者からミラセンシズ提供データの使用に起因または関連して損害に関する請求がなされ、ミラセンシズがこれを賠償した場合には、本利用者はミラセンシズが支払った損害を賠償しなければならないものとします。

第9条(ミラセンシズの社名・サービス名称等の標章・ロゴの使用)

  1. 本利用者は、ミラセンシズが本利用規約において明示的に許諾する場合を除き、ミラセンシズの社名およびサービス名称の標章・ロゴ・画像(以下「クレジット」といいます)の利用はできないものとします。
  2. 本利用者は、ミラセンシズの明示的な許諾を受けて、クレジットを利用する場合であっても、クレジットの要素(HTMLソースを含みます)の一部または全部を除去、改変、改竄その他外観に対する変更を一切できないものとします。
  3. 本利用者は、ミラセンシズの明示的な許諾を受けて、クレジットを利用する場合であっても、クレジットを、ミラセンシズのイメージを汚損したりする態様、アプリケーション利用者に対してミラセンシズと本利用者がなんらかの提携関係にあるかのような印象を与える態様、本サービスと利用者アプリケーションとが同一のサービスであると誤認混同するような態様での利用は一切できないものとします。

第10条(禁止行為)

  1. 本利用者は、自らまたはアプリケーション利用者をして、以下の各号のいずれかの内容を含むまたはそのおそれのある情報をアップロードデータとして送信または入力等をしてはならないものとします。
    • ①真実でないもの
    • ②他人の名称・メールアドレス・住所・電話番号等の特定の個人を識別することができる情報(個人情報の保護に関する法律2条1項の個人情報の定義を充たす情報)を含むもの
    • ③わいせつな表現またはヌード画像を含むもの
    • ④ナンセンス、グロテスクな内容を含むもの
    • ⑤差別的表現を含むもの
    • ⑥第三者の権利(著作権、商標権、プライバシー権、肖像権、名誉等を含むがこれらに限らないものとします)を侵害するもの
    • ⑦コンピュータウイルスを含むもの
    • ⑧公序良俗に反するもの
    • ⑨法令に違反するもの
    • ⑩その他ミラセンシズが不適当と判断したもの
  2. 本利用者は、自らまたはアプリケーション利用者をして、前項各号の情報を含む情報と、本サービスによって得られる情報を統合し、組み合わせ、または関連付けて利用(利用者アプリケーションへの利用を含むがこれに限らないものとします)してはならないものとします。
  3. 本利用者は、自らまたはアプリケーション利用者をして、本サービス等を利用するにあたり、以下に掲げる行為を行わないものとします。
    • 本サービス等に関する情報(本サービスにアップロード、転送、入力された情報や、本サービスによって得られた情報も含みますが、ミラセンシズ提供データは除きます)を無断で改ざん、消去する等、不正にアクセスする行為
    • 本サービス等に有害なコンピュータプログラム等を書き込むまたは送信する行為
    • 本サービス等に対して逆アッセンブル、逆コンパイル、リバースエンジニアリング等する行為
    • 本サービス等の運営を妨げるような行為
    • 法令、公序良俗に違反するまたはそのおそれがある反社会的な行為
    • 第三者またはミラセンシズの、通信の秘密、財産、プライバシー、肖像権、名誉または信用を侵害、誹謗中傷する行為
    • 第三者またはミラセンシズの著作権や商標権等の知的財産権を侵害するまたはそのおそれがある行為
    • 前各号に定めるほか、本サービス等の運営に支障を与え、または第三者・ミラセンシズの権利・利益を害するもしくはそのおそれのある一切の行為
  4. 本利用者は、自らまたはアプリケーション利用者をして、本サービスを通して取得した情報(ただし、ミラセンシズ提供データを除く)を、第三者のデーターベースに複製保存し、またはダイレクト・マーケティングその他本利用規約において具体的に許諾されている用途以外の用途のためにコンパイルまたは利用することはできません。
  5. 本利用者は、本サービスを、ミラセンシズの事前の書面による承諾のない限り、第三者に対して、目的や、対価の有無を問わず、利用させてはなりません。また、ミラセンシズの事前の書面による承諾を得て、第三者に対して本サービスを使用させる場合であっても、本利用者は、当該第三者から本サービスの使用に対する対価を得てはなりません。

第11条(秘密保持)

本利用者は、本サービスに関連してミラセンシズより提供を受けた技術上又は営業上その他一切の情報を、本目的の範囲内でのみ使用するものとし、第三者に開示又は漏洩してはならないものとします。

第12条(無保証)

  1. ミラセンシズは、本利用者およびアプリケーション利用者に対し、本サービスについて、誤り、エラー、バグまたは提供の中断が無いことならびに信頼性、正確性、安全性、有用性および完全性について一切の保証をしません。
  2. 本利用者は、本サービスの使用もしくは参照、または本サービスに関連して本利用者が開発する利用者アプリケーションに関して生じうるあらゆる損害、責任、およびクレームに関しミラセンシズを免責するものとします。

第13条(一時的中断および提供停止)

  1. ミラセンシズは、次の各号のいずれかに該当する場合には、本利用者への事前の通知をすることなく、本サービスの提供を中断することができます。
    • ①本サービス用設備等の故障により保守、点検、修理を行う場合
    • ②運用上または技術上の理由でやむを得ない場合
    • ③停電、通信設備の故障その他天災地変などの不可抗力により本件サービスを提供できない場合
  2. ミラセンシズは、前各号に定める事由により本サービスを提供できなかったことに関して本利用者その他の第三者が損害を被った場合であっても、一切責任を負いません。
  3. ミラセンシズは、本サービスの運用上必要と判断した場合には、本利用者による本サービスの使用に一定の制約(本サービスへのアクセス回数、アクセス時間の制限、本サービス用のURLおよびミラセンシズの知的財産へのアクセス制限など)を設けることができます。
  4. 第1項の規定にかかわらず、ミラセンシズは、いつでも、自己の裁量において、本利用者への通知無く、一部または全部の本利用者に対して、本サービスの一部または全部の提供を停止または終了することができるものとします。また、ミラセンシズが本利用者に対して本サービスの使用または利用者アプリケーションの提供の停止を求めた場合には、本利用者はただちに本サービスの使用または利用者アプリケーションの提供を停止するものとします。

第14条(解除等)

ミラセンシズは、本利用者に次の各号のいずれかに該当する事由が生じた場合には、何らの通知・催告なしに直ちに本契約の一部または全部を解除し、本利用者のアカウント登録を抹消するとともに、アカウントの再登録を拒否することができます。
  1. 第10条に規定する禁止行為を行った場合
  2. 第15条(反社会的勢力の排除)の表明・確約に違反した場合
  3. 前各号のほか、本契約に違反した場合
  4. 支払停止があった場合、または仮差押、差押、破産手続開始、民事再生手続開始、会社更生手続開始、特別清算開始の申立があった場合
  5. 手形交換所の取引停止処分を受けた場合
  6. 公租公課の滞納処分を受けた場合
  7. その他前各号に準ずるような本契約を継続し難い重大な事由が発生した場合

第15条(反社会的勢力の排除)

ミラセンシズは、本利用者に次の各号のいずれかに該当する事由が生じた場合には、何らの通知・催告なしに直ちに本契約の一部または全部を解除し、本利用者のアカウント登録を抹消するとともに、アカウントの再登録を拒否することができます。
  1. 本利用者は、自らまたはアプリケーション利用者をして、現在、暴力団、暴力団員、暴力団員でなくなった時から5年を経過しない者、暴力団準構成員、暴力団関係企業、総会屋等、社会運動等標ぼうゴロまたは特殊知能暴力集団等、その他これらに準ずる者(以下これらを「暴力団員等」といいます)に該当しないこと、および次の各号のいずれにも該当しないことを表明し、かつ将来にわたっても該当しないことを確約するものとします。
    • ①暴力団員等が経営を支配または実質的に関与していると認められる団体その他これらに準ずる者と関係を有すること
    • ②自己もしくは第三者の不正の利益を図る目的または第三者に損害を加える目的をもってするなど、不当に暴力団員等を利用していると認められる関係を有すること
    • ③暴力団員等に対して資金等を提供し、または便宜を供与するなどの関与をしていると認められる関係を有すること
    • ④役員または経営に実質的に関与している者が暴力団員等と社会的に非難されるべき関係を有すること。
  2. 本利用者は、自らまたは第三者(アプリケーション利用者を含みますが、これに限られないものとします)を利用して次の各号の一にでも該当する行為を行わないことを確約するものとします。
    • ①暴力的な要求行為
    • ②法的な責任を超えた不当な要求行為
    • ③取引に関して、脅迫的な言動をし、または暴力を用いる行為
    • ④風説を流布し、偽計を用いまたは威力を用いて相手方の信用を毀損し、または相手方の業務を妨害する行為
    • ⑤その他前各号に準ずる行為

第16条(使用期間)

  1. 本利用者による本サービス等の使用期間は、本サービスの使用開始日より、以下の各号の事由のいずれかがが発生する時までとします。
    • ①本利用者が自身の判断で、本サービス等の使用を中止し、その旨をミラセンシズに通知した場合
    • ②第15条に従い、本契約が解除された場合
  2. 第12条(秘密保持)の規定は、本契約の終了後も3年間有効なものとします。
  3. 第7条(アップロードデータ)、第8条(派生データ等)、第10条(禁止行為)、第12条(無保証)、第14条(解除等)、第15条(反社会的勢力の排除)、本条、第17条(責任の制限)、第18条(補償)、第20条(権利義務譲渡の禁止)、第21条(準拠法および裁判管轄)、本契約終了後も有効なものとして存続します。
  4. 本契約が終了した場合、本利用者は、ミラセンシズの指示に従い、ミラセンシズ提供データを除き、ID・パスワードおよび利用者アプリケーションを全て消去、廃棄、またはミラセンシズに返還するものとします

第17条(責任の制限)

本利用者は、本サービス等を本利用者の自己責任に基づいて使用するものとし、本利用規約に別段の定めがない限り、本利用者の本サービス等の使用によって発生する一切の損害について、ミラセンシズがその賠償責任を負わないことを理解し、承諾するものとします。

第18条(補償)

  1. 本利用者は、本利用者による本利用規約違反により、または本サービス等の使用により、ミラセンシズまたは第三者に損害を与えた場合、本利用者の責任と費用でこれを賠償するものとします。
  2. 本利用者は、本サービス等の使用に関連して生じた第三者からのクレーム、紛争等から、ミラセンシズを保護し、補償するものとします。これらについては、本利用者と当該第三者との間で処理、解決するものとし、ミラセンシズに対して一切迷惑をかけないものとします。

第19条(本利用規約の変更)

  1. ミラセンシズは、いつでもその裁量で本利用規約を変更することができるものとします。
  2. ミラセンシズが、本利用規約を変更した場合には、本サイト上で、変更した新たな本利用規約を変更の効力が生じる3日前までに掲示します。本利用者が、かかる変更に同意できない場合には、本サービスの使用を中止するものとし、本利用規約の変更後も、本利用者が本サービス等を使用した場合、本利用者がその変更を承諾したものとみなされます。

第20条(権利義務譲渡禁止)

本利用者は、本契約上の地位ならびに本契約から生じた権利および義務を第三者に譲渡、担保提供その他の処分をしてはなりません。前項の違反があった場合に関して、本利用者または第三者に損害が生じたとしても、当社は一切責任を負わないものとし、本利用者と第三者との間で万が一紛争が生じた場合には、本利用者と第三者とで解決するものとします。

第21条(権利義務譲渡禁止)

本利用者の禁止行為その他の本規約に違反する行為、またはその他の事実上および法律上の行為(本サービスの運営に支障をきたす行為、またその行為に起因し発生した損失、損害が原因で本サービスが中断した場合等)によってミラセンシズが損害を被った場合には、ミラセンシズは、本利用者に対し、損害賠償請求を行う権利を有するものとします。

第22条(準拠法および裁判管轄)

  1. 本契約については、日本法を準拠法とします。
  2. 本契約または本サービスに起因または関連して、本利用者とミラセンシズとの間で紛争が生じた場合には、その訴額に応じて、東京地方裁判所または東京簡易裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

附則

本利用規約は、2019年4月1日から実施します。

AIEDITOR BUSINESS